汚れた遺伝子

はじめに・・・

遺伝子は決まったものではない!

エピジェネティクス(後成遺伝学)

最近の研究でだんだん遺伝子が解明されてきました。遺伝的には大きな病気の可能性があったのにその遺伝子をオフにすることができることができるXファクターなる要素があることが発見されました。

ある遺伝子がメチル化されると遺伝的傾向がオフにすることができるのだと言います。マウスで実験したときには餌を変えるだけの方法でした。メチル化を促進するための適切な栄養素を与えるとマウスの「汚れた遺伝子」がオフになり遺伝子のその後の運命がガラリと変わったのです。

遺伝子の発現を扱う研究分野をエピジェネティクス(後成遺伝学)と言います。遺伝子の運命は決められているわけではありません。遺伝子は編集、書き換え、修正が可能です。

汚れた遺伝子を特定し、汚れを擦り落としてきれいにするという行程を通して病気を改善し健康を手に入れることができます。そうすると全ての人が遺伝子の新しい可能性が引き出せるようになります。

汚れた遺伝子が引き起こす問題

  • 脳、気分の問題
  • 心臓、血管の問題
  • がん
  • 女性ホルモンの問題
  • 不妊、妊娠に関する問題
  • 腺、臓器の問題
  • 代謝の問題

遺伝子が汚れている場合の共通した特徴

  • 関節や筋肉の痛み
  • 胃酸の逆流
  • ニキビ
  • アレルギー反応
  • 怒りっぽく攻撃的
  • 不安
  • 気が散って集中できない
  • 血糖値の急上昇と急降下
  • 手足の冷え性
  • 便秘
  • 炭水化物や甘いものを極端に欲しがる
  • うつ病
  • 下痢
  • すぐに腹を立てる
  • 倦怠感
  • 線維筋痛
  • 食物不耐性
  • 胆石
  • お腹のガス
  • 頭痛
  • 動悸
  • 消化不良
  • 不眠症
  • イライラ
  • 皮膚の痒み
  • 更年期障害の症状
  • 気分の浮き沈み
  • 鼻血
  • 肥満、体重増加
  • こだわり
  • 月経不順
  • 多嚢胞性卵巣症候群
  • 火照り
  • 鼻水、鼻詰まり
  • びっくりしやすい
  • 汗をかきやすい
  • 説明しづらい何かがおかしい症状
  • ワーカーホリック

日々変化する遺伝子

遺伝子は日々書き込みを行っています。好ましい情報も好ましくない情報も常に書き込みを続けています。

例えば体を修復しなさいとか肌を再生させなさいとか、体に修復を指示しています。糖分の多い食事をして睡眠時間を削ってストレスを溜め込むと遺伝子は「ニキビと火照りがあり、くすんで艶がない肌を与えよう」です。一方であなたの遺伝子に健康的な脂肪、十分な睡眠そして冷静になる時間を与えると遺伝子は別な情報が書き込まれます。「10歳若返ったような健康的で輝く肌を手に入れてもらおう」と。

あなたの遺伝子は死ぬまで書き込みを続けます。何を書き込まれるかは、あなた次第なのです。

正しい食生活を送り健康的なライフスタイルを実践すれば遺伝子の書き込みもよくなります。

心に関する書き込みも遺伝子は行っています。これらの指示には神経伝達物質〜セロトニン、ドーパミン、ノルエピネフリンなどが関係しており思考、気分、感情をコントロールします。脳は何千もの生化学的な反応で働いており、そのプロセスがうまくいかないことは数えきれないほどあります。

あなたにとって気分が上向きになるように遺伝子に書き込むために、必要な情報を遺伝子に与えてあげることです。「昼間は考えが冴えて、集中力が高く、落ち着いていてエネルギーが満ちていて、夜にはリラックスして、心穏やかに、寝つきが良い状態が続くようにしよう」というメモを書くようにします。

物忘れ、うつ病、不安、イライラ、不眠、依存症、などのメモは遺伝子に残したくはないですよね。あなたの遺伝子はあなたの日常をもとにしてメモを書くのです。そして何が書き込まれるかはあなた次第なのです。

2種類の汚れた遺伝子

汚れた遺伝子には2つのタイプがあり、どちらもさまざまな症状や疾患を引き起こす可能性があります。

  • 生まれつき汚れた遺伝子

化学的には遺伝子多型あるいは一塩基多型(SNP)スニップとも呼ばれています。遺伝子変異を意味します。汚れた遺伝子は私達には幾つか存在し、脳や体に影響を与えています。

私たちの体には2万個の遺伝子があります。SNPと呼ばれる遺伝子は1000万個以上知られており、1人で120万個のSNPを持つ人もいるのです。しかし遺伝子の働きを大きく変える可能性のあるSPNは4万個ほどしか知られていません。

あなたの健康に最も大きな影響を与える可能性のある7つのSNPに焦点を当てます。のの7つの遺伝子が何百もの遺伝子に影響を与えているからです。この7つの遺伝子のいずれかが汚れていたら他の遺伝子に汚れていると考えて良いでしょう。

自分がどの SNPを持っているかわかれば健康上の問題もより良く理解できるようになり、感情の問題も理解できるようになるということです。偏頭痛で悩まされている人、寝つきが悪い人、短期で悩んでいる人、不安、憂鬱、イライラ、仕事中毒、強迫観念、注意力欠陥、力を抜くことでできないなどはSNPが問題の根源にあるかもしれません。

さまざまな長所にも関係しています。自分の長所を伸ばしたり、短所を目立たないようにする作業を自分のSNPと一緒にできます。遺伝子クリーニングプロトコルを通じて、ライフスタイルや食生活、環境を変え、プラスの要素を最大にし、マイナスの要素を最小限に抑えることができます。そうすれば今まで普通だと思っていたことがそうではなくなります。

  • 汚れたように振る舞う遺伝子

SNPのない遺伝子が問題を引き起こす場合もあります。それはあなたの遺伝子が最高の力を発揮するために悲痛ような栄養素、生活習慣、環境が整っていないからかもしれません。つまりビタミン不足、睡眠不足、化学物質過多、ストレス過多などのためです。

科学的には遺伝子発現と呼びます。環境、食生活や生活習慣、考え方などに応じて遺伝子がどのように発現するかを表すものです。この場合には食生活や生活習慣を改善することで、遺伝子の働きが変わるかもしれません。

遺伝子クリーニングプロトコルが助けになります。遺伝子に必要な食事や生活習慣を続けることができれば、遺伝子は汚れずきれいな状態を保つことができ、心身の健康、そして人生の最適化を実現できるのです。

→関連記事

抜粋、参考書籍

「Dirty Genes 」 Dr.Ben Lynch著

「遺伝子は変えられる」シャロン・モアレム